いっきの釣りblog

海無県の埼玉で荒川シーバスを追いかける、釣れない釣り師のブログ

荒川の取水制限が荒川シーバスにどのような影響を与えるか

関東、特に埼玉秩父地方はほとんど空梅雨でしたね。

おかげで荒川水系のダム貯水率が低く、荒川の取水制限が始まりました。

すぐに家庭用水に影響は無いとのことですが、このままだと飲料水などへの影響も心配されます。

さて、そんな取水制限ですが、荒川シーバスにとってどのような影響が考えられるのか。

正解は分かりませんが、つらつらと書いていきます。

 

水量が少ないとは?

荒川の取水制限が始まらなかったとしても、そもそも雨が降らないので荒川の水量は少ないです。

どちらかと言えば取水制限しなければならないほど、もともとの水量が少ないことを意味します。

なので、取水制限が始まったからと言って水量が増えるとか減るとかの話では無くなっているというのが現状でしょう。

仮に、今後雨が降っても、貯水率の改善が先なので荒川の水量が増えることは考えにくく、ダム下でのゲリラ豪雨等で一時的に水量が増えること以外、期待できません。

 

さて、水量が少ないということはどういうことか。

それは河を流れる「淡水」の量が少ないということ。

淡水量が少ないということは、潮汐の影響を受ける秋ヶ瀬取水堰までの区間において、塩水楔が入りやすく、海水層が厚くなるということです。

おそらく、今の状況だと塩水楔の上限だと言われている笹目橋付近まで、塩水楔が入り込むことは容易になってくると考えられます。

 

塩水楔の影響

塩水楔が上流まで入り込むとどうなるのか?

シーバスが楔の乗って上流まで遡上しやすくなるわけですね。

ただ、淡水に慣れていなければ干潮に合わせて、塩水楔と共に抜けてしまいますけど。

ただ、より多くのシーバスが上流まで遡上することで、釣る側としては満潮時を狙えるし、淡水慣れしたシーバス量も増えるので、釣果が安定しだすといった好条件へと結びつくわけです。

上流域のハイシーズンが夏からというのは、こういった理由があるからです。

ちなみに、これはどこかで聞きかじった内容なので定かではありませんが、塩水楔は大潮のように力強く潮が動く時よりも、小潮や長潮といった弱弱しい力でじわじわと動く時の方が、上流まで登りやすいとのこと。

上げる力が小さいので、淡水層の下へ潜り込みやすいらしいですね。

力強い大潮だと淡水層に対して全面的にぶつかるので、あまり上流までは来ないとのこと。

まぁ、何が正しいのかはどなたか調べてくださいw

 

釣果を求めるなら支流

本流には淡水と塩水、その境目や楔の入り方などでシーバスの動きが左右されるのは分かりますよね。

なので、荒川上流域で安定的な釣果を求めるのは難しいと言えます。

一番いいのは中流域あたりで、塩水楔の動きを読んで釣りをすること。

狙いは絞りやすくなります。

さらに良いのは塩水に支配されやすい下流域でしょう。

しかし、上流師としては中流域よりも下で釣りをするわけにはいかないのです。

そんな時の奥の手としては、荒川支流で釣りをすることです。

支流の場合、塩水楔が入り込むことはまず無いでしょう。

ですので、淡水化したシーバスが安定して入り込んでいる。

そして下げ潮で抜けることがほとんど無い。

こういう個体の場合、真冬でも残っているケースがあるくらいなので、荒川支流を極めると釣果も安定すると言えます。

ただし、その釣りが面白いかどうかは別ですがw

そもそも、荒川じゃないしね。

 

溶存酸素にも注目

水が少ないうえに気温が高い。

それに伴って水温も上昇する。

これは溶存酸素量が減少することを意味します。

東京湾などでも赤潮や青潮といった言葉が出てくるように、今の時期はただでさえ酸素量が少ないうえに、プランクトンによる酸素消費量も増えるため、水質が非常に悪いと言えますよね。

なので、シーバスは酸素が豊富にある場所へ集まるわけです。

それは秋ヶ瀬取水堰。

夏の荒川上流は秋ヶ瀬取水堰の水の掃き出しによる酸素量がポイント。

より多くのベイトを求め、そしてフレッシュな(酸素的に)水を求めて、シーバスの最上流とも言える秋ヶ瀬取水堰は絶好のポイントになります。

これよりも上流に南畑水質観測所があり、その日々のデータが公開されているので参考にしてみてください。

国土交通省 水文水質データベース

 

管理人の夏は

さて、以上を考えると上げ潮満潮狙いが基本となりそうですね。

夏はデイゲームなんて雑誌でも特集されたりしますが、昼間に釣りなんてしたら熱中症になってしまいます。

やっぱり水分補給しながらのナイトゲームが安全でしょう。

年齢も年齢なので、日焼けするとシミ・ソバカスの原因にもなるしねw

ということで、風邪で咳が残っていますが、週明けにはナイトゲームの予定もあるので、いい報告が出来ればなと思います。

 

荒川上流デイシーバスを狙うために必要なことは?

河川のシーバス釣りは、特に上流に行けば行くほど難しくなります。

はっきり言ってしまえば、デイゲームの場合は時合いが短い。

荒川においては秋ヶ瀬取水堰までのエリアは潮汐の影響を受けるのですが、その潮汐によってシーバスが遡上・下降を繰り返すため、そのタイミングが全てだと言えるからですね。

そのような荒川上流デイシーバスを狙うために必要なこととは?

  • ルアー選択としてのワーム
  • ハードルアーはダメなのか?
  • 水温・水量・溶存酸素量なども
  • 難しいがゆえに競争はない
続きを読む

釣りを快適に遊ぶために車を買ったのは奥さんに内緒

 

買いましたよ、車。

軽自動車ですけど。

メインの「いっきblog」ではすでにご報告していますが、こちらのブログでもご報告しておきます。

理由は、「車を買ったのは釣りのため」だからです。

  • 釣りにおける車の重要性
    • 荷物の多さ
    • 釣り場までの距離
    • 釣りをする時間帯
    • 釣り場の自由度
  • 快適な釣り生活のために
続きを読む

クラウドルアーズのフナさんがfimoを下山したって話

 

かつてはブログも書いていたfimoなんですが、結局はSNSの閉鎖的な感じが嫌になり、とうの昔に下山していました。

そもそも、荒川上流がメインフィールドのため、港湾部が中心のシーバス釣りとはあまり縁がない釣り師たっだもことあります。

それに、前にも触れたことがあるかもしれませんが、震災後の東京湾放射能問題について、東京湾をメインに活動しているにもかかわらず、その問題を大きく扱う事すらない姿勢に疑問を持ったからですね。

そんなfimoからクラウドルアーズブログのフナさんが下山するって話。

続きを読む

荒川のシーバスは埼玉秩父地方の影響を受ける

 

せっかく春の訪れを肌で感じ始めた最近ですが、関東地方の天気は冬に逆戻りしてしまいましたね。

今週あたり荒川に釣りに行こうと思っていたのですが、どうやら河の中は冬のままだと思われるので、止めておこうと思います。

その理由は関東山沿いの天気にあります。

  • 荒川の源流を辿る
  • 荒川上流の天候をチェックしよう
  • 秩父地方は雪~みぞれ
  • 本格的な荒川釣行は4月に入ってから
  • 初シーバスを予想すると
続きを読む