読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いっきの釣りblog

海無県の埼玉で荒川シーバスを追いかける、釣れない釣り師のブログ

シーバスをキャッチ&リリースする理由、それは食べても美味しくないから。

f:id:ikkiblog:20161130210823j:plain

シーバスフィッシングにおいてはキャッチ&リリースする人も多く、釣った魚を食べる人でも全て持ち帰ることはないと思います。

このブログでも原則として、シーバスに関してはキャッチ&リリースをしています。

で、その理由と言うのが「シーバスは食べても美味しくない」というもの。

それ以外にも、釣った魚をリリースするのには理由があって、今回はその辺のことを書きたいと思います。

はじめに

シーバス釣りをしている人には、シーバスを料理して「とても美味しかった!」とツイッターやブログに掲載している人もいます。

それはそれで否定しませんが、個人的にはシーバスは美味しくないと思います。

理由はシーバスは臭いということ。

「いやいや、海の魚は臭くないよ!」

そういう人も居ますが、本当でしょうか。

 

シーバスは臭い魚

実を言うと、海の魚は臭い。

一般的には川魚の方が臭いと思われているが、それは魚自体の臭みではなく水の臭みであることが多い。

実際に、多くの人が大好きなウナギだって川魚であるし、香りが素晴らしい鮎もしかり。

しかし、清流に生息している川魚は臭みもなく、美味しい魚といえるのです。

逆に、海の魚は臭くないと思われているが、決して全ての魚が臭くないわけではありません。

海の魚に関して言えば、「漁」という面から魚は商品なのです。

ですから「臭くて食べれない。」というわけにはいきません。

日本の海水魚に対する処理方法は世界でも最高レベルのものですし、そうやって美味しく処理された魚を、漁師さんが日々努力して届けてくれている産物なんです。

そういった面を考えず、単純に海の魚の方が臭くなくて美味しいと思う方が間違い。

特にシーバスに関して言えば、どちらかと言えば臭い方に分類されるでしょう。

 

シーバスが不味い理由

シーバスが不味いといっても、水の綺麗な場所で釣れたヒラスズキなどは美味しいかもしれません。

しかし、一般的にシーバスと言えば河口付近で釣れるマルスズキでしょう。

このシーバスは河口付近、すなわち水の汚い汽水域をウロウロしている魚で、ヌメリ・臭みが強い魚です。

実際に、調理師免許を持っている友人に「油臭くて食べれない。」と言わしめるほど。

そもそも、シーバスは淡白な白身魚ですから、刺身にしてもそれほど特徴もない味だし、ムニエル等のソースで食べる調理法向きです。

f:id:ikkiblog:20161130210950j:plain

決して、シーバスそのものの味が美味しいわけではありません。

にもかかわらず、東京は荒川河口で獲られたシーバスが、千葉県や神奈川県の漁港で水揚げされることで、「千葉県産」「神奈川県産」という名の元に販売されています。

ちょっと美味しそうな感じですよね。

油だってそれほど多くはありません。

マグロやサバなど、油が乗って美味しい魚はありますが、白身魚については日本人が好きだと言えるほど、油の乗りはありません。

たぶん、シーバス・タイ・ヒラメを並べて、それぞれを言い当てる人はほとんど居ないでしょう。

その程度なんですよね。

まぁ、そんな理由でシーバスは不味いと考えています。

 

釣ったシーバスを持ち帰るのが面倒

今まではシーバスが美味しくないという点をまとめてみましたが、キャッチ&リリースをする上で重要なポイントが別にあります。

それはシーバスを持ち帰るのが面倒くさいということ。

魚を持ち帰って食べるためには、出来るだけ早く締めておく必要があります。

船釣りなどで、アジやサバなどを釣るのであれば、氷が入ったクーラーに放り込めば急速冷蔵でそのまま生き締めになりますが、シーバスはそうもいきません。

シーバスって大体、50cm前後であることが多く、クーラーに入りきらないサイズです。

ましてやランカーシーバスなんて釣れたらどうします?

持ち帰るのであれば、その場で釣りは終了。

即締めして帰らなければなりません。

それが目的ならいいでしょうが、シーバス釣りをする人は「釣り」が目的であり、「食材確保」が目的ではないでしょう。

結局、リリースするしかありませんよね。

 

まとめ

今回はシーバスをリリースする理由についてまとめてみました。

まぁ、シーバスが美味しくて仕方がない人は自由にイートしてください。

キャッチ&イートを否定するわけではありませんので。

個人的に食材確保のための釣りをしないだけなので、人のことを否定するつもりはないのです。

ただ、魚を本当に美味しく食べたいのであれば、料理人に任せるの一番だと思うだけです。

以上。